Going Faraway

渡辺遼遠の雑記帳。技術ネタと読んだ本の紹介。

映画評:『デトロイト』(キャスリン・ビグロー監督)

普段、私は映画の感想はあまり書かないんだけど、すごく強く印象に残ったので書き残しておきたいと思う。

監督は『ハート・ロッカー』、『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー。この映画の舞台は1967年のアメリカ、デトロイトでの暴動事件 (12番街暴動) 。ただし、暴動そのものはメインのテーマではなく、暴動の最中に発生した「アルジェ・モーテル事件」を取り上げたサスペンス映画です。

--

白人優位の社会において黒人が差別的扱いを受けていたデトロイトで、黒人が暴動を起こした最中、とあるモーテルで黒人の青年が玩具のピストル (徒競走のスタートの合図で使うようなやつ) を発射した。単に、白人警官を怖がらせ、抑圧された日頃の鬱憤を晴らすだけの悪ふざけのつもりだった。しかし、白人警官は狙撃を受けたと勘違いし、モーテルへと突入する。逃げようとしたその黒人青年を射殺し、モーテルに残っていた黒人男性6人と白人女性2人に対して、銃と狙撃者の所在について、自白を強要するため暴力的な尋問をエスカレートさせていく…

延々と映画全体の半分くらいの時間続く暴力的な尋問シーンはかなりの恐怖を感じたし、安直で安っぽいヒューマニズムや勧善懲悪めいた物語に持ち込まないドキュメンタリー風の構成も強い臨場感を生んでいます。事件の後日譚として、白人警官の裁判のシーンも描かれますが、裁判過程も判決にも理不尽さを感じました。

万人にお勧めできる映画ではないし、少なくともデートで見るような映画でないことは確かですが、私が最近半年見た映画の中では一番印象的だったし、今なおアメリカで続く黒人に対する白人警官の暴行を考える上での大きな問題提起の映画だと思うので、見る価値のある映画だと思います。