M・キング・ハバートの引用句

Wikipediaで見たハバート氏の言葉が印象的だったのでメモ。

I was in New York in the 30’s. I had a box seat at the depression. I can assure you it was a very educational experience. We shut the country down because of monetary reasons. We had manpower and abundant raw materials. Yet we shut the country down.

We’re doing the same kind of thing now but with a different material outlook.We are not in the position we were in 1929–30 with regard to the future.Then the physical system was ready to roll. This time it’s not. We are in a crisis in the evolution of human society. It’s unique to both human and geologic history. It has never happened before and it can’t possibly happen again. You can only use oil once. You can only use metals once. Soon all the oil is going to be burned and all the metals mined and scattered.

M. King Hubbert - Wikipedia

 

以下、拙訳。

私は1930年代のニューヨークにいた。特等席で大恐慌を目撃したというわけだ。大恐慌の経験は、きわめて教訓的なものであったと言えよう。当時アメリカは、貨幣的な理由で休業状態に陥っていた。我々の国にはマンパワーと豊富な資源があった。それにもかかわらず、休業状態にあったのだ。

今日も当時と似たような状況にあるけれども、資源的な意味での先行きは異なっている。未来を考えると、現在の我々の状況は1920~30年代とは違う。当時は、物理的なシステムは稼動可能な状態だった。現在はそうではない。我々は、人類社会の進歩の危機の只中に居る。人類と地質学の歴史の両面で、特異な状況に位置しているのである。こんな状況はかつて起きたことがないし、またおそらく将来においても再び起こることはないのではあるまいか。石油はただ一度きりしか使えない。金属も、たった一度しか使うことができない。すぐに全ての石油は燃焼し尽され、全ての金属は採掘し尽されて消滅するであろう。