【Deep Learning with Python】ドロップアウト

フランソワ・ショレさんのディープラーニングとKerasの解説本『Deep Learning with Python』の読書メモ。今回で前半部分の第1部は終わり。ここでは、前回に引き続いて正則化の手法のドロップアウトを扱う。ドロップアウトは、ニューラルネットに対して最も有…

【Deep Learning with Python】過学習への対応

以前に取り上げた3つのサンプルプログラムでは、学習を続けていくと、訓練データの予測精度は向上するものの検証スコアは悪化していった。このように、訓練用データはうまく予測できるものの、逆に一度も入力されたことのないデータに対する予測性能が下がっ…

【Deep Learning with Python】機械学習の基礎

4章では、ディープラーニングに限らず機械学習全般に関わる内容を扱っている。このエントリの内容は、主に4章中盤部の内容をまとめたもの。 4.2 機械学習モデルの評価 訓練(training), 検証(validation), テスト(testing) 機械学習モデルの評価をする際には…

暗号通貨バブル崩壊中の今こそ読みたい『大暴落 1929』(ジョン・ケネス・ガルブレイス)

古い映画の話で恐縮ですが、『愛と悲しみのボレロ』の冒頭には、「人生には2つか3つの物語しかない。しかしそれらは繰り返されるのだ。その度ごとに初めてのときと同じような残酷さで。」という言葉がありました。金融市場に眼を向けてみると、バブルとその…

【Deep Learning with Python】ディープラーニングの基礎と構成要素

前回まで、書籍のサンプルプログラムを動作させてみた。ここでは、ディープラーニングの動作原理の基礎と構成要素を簡単にまとめる。「Deep Learning with Python」本の中では、2章〜4章にまたがって説明されている内容をまとめたもの。ニューラルネットの計…

【Deep Learning with Python】Boston Housing data (番外編)

前回からの続き。前回は、ボストン郊外の不動産物件に関するデータを元に、その地域の住宅価格をディープラーニングで予測するというサンプルを動かしてみた。しかし、結果を見ただけではあまりにもブラックボックスすぎるので、少しだけディープラーニング…

【Deep Learning with Python】Boston Housing Datasetを用いた回帰問題

「Deep Learning with Python」のサンプルプログラム3つ目。データはBoston Housing Dataを用いる。1970年代のボストン郊外地域の不動産物件に関するデータで、ある地域の平均物件価格と部屋の数や築年数といった物件情報、犯罪率や黒人比率などの人口統計に…

映画評:『デトロイト』(キャスリン・ビグロー監督)

普段、私は映画の感想はあまり書かないんだけど、すごく強く印象に残ったので書き残しておきたいと思う。 監督は『ハート・ロッカー』、『ゼロ・ダーク・サーティ』のキャスリン・ビグロー。この映画の舞台は1967年のアメリカ、デトロイトでの暴動事件 (12番…

書評:『破綻するアメリカ』(会田弘継)

破綻するアメリカ (岩波現代全書) 作者: 会田弘継 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/12/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る アメリカの左右両派の思想的な混乱状況が描き出されており、読んでいる間、部屋の壁が迫って…

【Deep Learning with Python】 IMDBのレビュー分類

フランソワ・ショレ氏の「Deep Learning with Python」のサンプルコードの2つ目。この問題は、映画のレビューの文章を入力して、そのレビューが肯定的なものか否定的なものかを判定するもの。問題の種類としては二値分類 (binary classification) に属する。…

読書メモ:Deep Learning with Pythonを読む

以前、軽く流し読んだフランソワ・ショレ氏の「Deep Learning with Python」ですが、ちゃんとサンプルを動かしながら勉強していこうと思います。なお、この記事は機械学習素人が勉強の過程をメモするためのであり、内容の正しさについては保証しません。(ち…

「危険な年」 ジョン・マイケル・グリアの2018年予測

ジョン・マイケル・グリアの2018年予測が面白かったのでメモしておきます。グリアは、米国の「ドルイド教」という古代ケルトの信仰の復興を目指すネオペイガニズムの宗教家ですが、極めて特異な視点を持った博学な歴史家としての一面があり、種々の文明批評…

Windows10でtensorflowがGPUを使用できない場合のチェックポイント

Deep Learningの勉強をしようと考えて、GPU搭載のマシンを購入して環境構築した際、多少ハマったのでメモを残しておく。とある事情によりWindowsを使いたいのと、Windows+Linuxのデュアルブートにはあまり良い思い出がないので、Windows上で環境を構築した。…

はてなブログでAmazon商品を貼り付けると空行が入ってしまう

はてなブログの問題について書きます。私も解決方法が分からなかったので、誰か解決策をご存知であれば教えてください。 はてなブログの「見たまま編集モード」から、Amazonの商品を「詳細」形式で貼り付けると、上記のスクリーンショットの通り、商品の下に…

『The Master Algorithm』Pedro Domingos の読書メモ

今読書中のこの本ですが、理解を進めるためにも読書メモを書いておきます。 The Master Algorithm: How the Quest for the Ultimate Learning Machine Will Remake Our World 作者: Pedro Domingos 出版社/メーカー: Penguin 発売日: 2017/01/26 メディア: …

電気仕掛けの神 -Deux ex Electrica-

新たなテクノロジーの出現は、世界と社会構造を変化させ、人間の認識と思考を変化させます。現在、社会のさまざまな場所で実用化されている機械学習の技術と、研究段階にある(汎用)人工知能の進歩が、今後の社会と人間の両方に大きな変化をもたらすことに疑…

『シンギュラリティ教徒への論駁の書』のロゴができました

このブログだけを見ている人は多分居ないでしょうが、一応宣言。 未来学者レイ・カーツワイル氏のシンギュラリティ論と、その根拠である「収穫加速の法則」を懐疑的な観点から検証するブログを書いています。 上記のブログ『シンギュラリティ教徒への論駁の…

未使用の割り箸を「本」で数えることは、完全な誤用とは言えない

コンビニの店員が、割り箸を「本」で数えたことに対して苦言を呈するブログ記事が話題となっています。 「お箸は何本、お付けしましょうか?」 先日、コンビニで買い物をしたあと、若い女性の店員さんにこう尋ねられて、一瞬迷った。 本数で迷ったわけではな…

経済学が科学ではない、たった1つの根本的な理由

経済学が基礎としている概念は、個々人の価値観と無縁では存在しえません。 根本的な概念があやふやである以上、表面上をどれほど数学的に取り繕ったとしても、経済学はまともな科学とは言えず、その人が信じる価値観を表明する政治的プロパガンダとしての性…

カミとカネの類似点を教えてください

エンデの遺言、シルビオ・ゲゼル、イサカアワー、イスラーム金融 - 数えられなかった羊 カミもカネも、永久不滅である。 それ自体は実体を持たず、人々が信じることによって現前する。 なんとなく周囲の人が信じているものを信じておくと、とりあえず便利で…

インフレかデフォルトか

私が信じている世界観は、究極的には次の2つにまとめられます。 1. 利子のある借金に依存した経済体制は、永久に経済成長が続くと仮定している 2. しかし、物理的な世界は永久に成長し続けることはできない 現在、多くの先進国では借金を返済する手段が失わ…

それで、あなたは勉強しているんですか?

学校で、iPadを1人1台に持たせると何が起きるか? http://diamond.jp/articles/-/41997 インターネットとタブレット端末の普及によって、ITを利用した教育法が盛んに宣伝されていますが、私は教育分野でのITの有効性には懐疑的です。 そもそも、普通の人がIT…

M・キング・ハバートの引用句

Wikipediaで見たハバート氏の言葉が印象的だったのでメモ。 I was in New York in the 30’s. I had a box seat at the depression. I can assure you it was a very educational experience. We shut the country down because of monetary reasons. We had …

シモーヌ・ヴェイユ『自由と社会的抑圧』のエネルギー問題に関する議論について

以前、ブログを読んでくれている友人から、20世紀フランスの哲学者 シモーヌ・ヴェイユが、ある論文の中でエネルギー問題を扱っている、と教えていただきました。 エネルギー問題の議論に関する歴史として注目すべき事例なのではないかと考え、該当部分を引…

テスト投稿

メインブログでの記事翻訳プロジェクトが長期化しており、書きたいと思っていることが溜まっているので、新しくブログを立てました。 あんまり肩肘張らずにゆるく書いていきたいと思います。